新着情報

心電計を導入いたしました。

ブログ

本院では不整脈の有無をしっかりと検査できるように以下の設備を導入致しました。

犬猫に失神やふらつきを引き起こす原因の一つに不整脈が挙げられます。

これらの検査機は何時発生するか解らない不整脈を検出し、失神の原因を診断することができます。

 

心電計(D800AXS, フクダME)

この機械は院内での心電図検査に使用します。検査結果を自動解析して結果をコメントしたり、チャートや軸偏位をイラストで表示するため、心不全や不整脈を詳細に評価することができます。心拍数だけではなく、QTcやR-R変動率などの複雑な演算情報を解りやすく表示し、心筋の電気生理学的異常を一目で理解できます。さらに、通常の心電図検査に加え、血中酸素濃度の測定やホルター解析も行えます。

 

ホルター心電図(QR2600, フクダME)

これはお家での24時間の心電波形を記録し、発作性不整脈の発生を検査します。記録データは解析装置(D800AXS)を用いて解析するため、短時間で詳細な異常を検出できることが特徴です。本機は小型で重量は52gと軽量化されているので、犬猫の長時間心電図検査に最適です。

本院はこれからも心臓病で苦しむワンちゃんや猫ちゃんに寄り添った医療をご提供するために日々努力と勉強を続けてまいります。

犬猫の失神やふらつきでお困りの際はお気軽にご相談ください。

 

関連ページ

失神・発作

ホルター心電図検査

Pagetop