疾患の解説

ペースメーカー治療

ペースメーカー治療とは犬猫の心臓は1 日に約17 万~21 万回も拍動しますが、心臓が効率よく機能するためには、心筋細胞が順序正しく一定のリズムで興奮収縮する必要があります。このため、心臓には心筋細胞の他にも一定のリズムで電気刺激を生成する...

肥大型心筋症

概要肥大型心筋症は猫の心臓病の中で最も多く発生する心疾患と言われています。心筋症は心筋細胞の機能が障害されることで心臓全体の機能が低下し、循環不全を引き起こす病気です。猫の心筋症は症状が出にくいので健康診断では発見できないことが多く、病気が...

肺高血圧症

肺高血圧症とは肺高血圧症とは肺動脈壁の弾力性低下や硬化を特徴とする進行性の病態であり、肺動脈の血圧が持続的に上昇している状態を指します。これは病気の名称ではなく病態を表す名称であることに注意してください。以前は、「収縮期肺動脈圧≥30mmH...

肺動脈狭窄症

概要肺動脈狭窄症は先天性心疾患の一つで、犬の先天性心疾患の中では比較的発生頻度の高い疾患(20~30%)です[1][2]。肺動脈狭窄症は生まれつき肺動脈弁付近に狭窄があるため、右心室から肺に流れる血流が悪くなっています。この疾患では血液が右...

動脈管開存症

動脈管開存症動脈管開存症は比較的発生頻度(11~20.9%)の高い先天性心疾患です[1][2]。そもそも動脈管は大動脈と肺動脈をバイパスしている血管であり、赤ちゃんがお腹の中にいる時に機能しています(図1)。通常は生後2~3日で退縮しますが...
Pagetop